表参道の歯科で歯周病予防の定期検診

main-img

歯周病は、成人日本人の80パーセント以上の人がり患しているといわれる歯科疾患で、歯を失くす原因のトップとなっています。
歯周病は虫歯と同じく細菌感染症で、いったん感染すると治療がひと段落しても細菌対策をしないでいれば再発や悪化の可能性があります。

渋谷のインプラントの情報ならこちらを参考にしてください。

表参道の歯科では、歯周病の予防に力を入れ細菌対策のためのいろいろな指導をしています。



細菌は歯と歯茎の境目の歯周ポケットという場所を好み、食事の後に歯や歯茎に付く歯垢をエサにしながら増殖してコロニーを作ります。
そして、時間が経ったプラークは歯石となりセルフケアの歯磨きでは落とすことができません。
表参道の歯科では、定期的に検診を受けることを推奨していて、検診では歯の表面をきれいにする専門的なクリーニングのPMTCと合わせてスケーリングの処置もしています。


スケーリングというのは、先端のとがった器具を歯周ポケットに入れて溜まった歯石やプラークを取り除く処置です。


歯石の中には細菌が大量に生息していますから、定期的にスケーリングを受けることで歯周病のリスクを低減することができます。
また、歯科での定期検診に加えて毎日のプラークコントロールがとても大切です。
表参道の歯科クリニックでは、歯周ポケットの深さを毎回チェックしてブラッシングの指導をしています。

BIGLOBEニュースを理解するには正しい知識が必要です。

歯周ポケットが深めの場所はより丁寧なプラークコントロールが必要だからです。

プラークコントロールの基本は歯磨きですが、歯ブラシだけでは不十分なため、歯と歯の接している面や歯と歯との間の歯肉を清掃したりマッサージ効果のあるデンタルフロスや歯間ブラシの正しい使い方も指導しています。

関連リンク

subpage01

表参道の歯科で歯周病予防のための指導を受ける

表参道の歯科では、日本人が歯を失う原因のトップである歯周病の予防指導をしています。歯周病は、虫歯と同様に口の中にいる細菌に感染することで発症します。...

more
subpage02

表参道の歯科で歯周病の予防指導を受ける

表参道の歯科には、予防に力を入れるクリニックがあります。予防重視のクリニックでは、虫歯を発生させないための指導に加えて歯茎の健康を守るためのアドバイスもしています。...

more