表参道の美容歯科で歯茎のホワイトニング

main-img

表参道の美容歯科クリニックでは、歯だけではなく歯茎のホワイトニングも行っています。

歯がきれいになっても歯茎の色が黒ずんでいると審美性に欠けてしまいます。



歯茎が変色する原因は、喫煙や強すぎるブラッシング、口呼吸などによる色素沈着、歯周病による炎症、金属の素材を使った差し歯やブリッジによるものなどいろいろです。


表参道の審美歯科では、色素沈着のある歯茎にピーリングや歯肉漂白とも呼ばれる歯茎のホワイトニングを行っています。

歯茎の漂白では、ピーリング効果のある薬剤を塗布することで色素が沈着した部分の歯茎をはがしてピンク色の新しい歯茎を再生させます。


薬剤を塗布する前には麻酔剤を塗布するのが一般的ですが、最近では麻酔が不要なタイプの歯肉ホワイトニングも登場していて表参道の審美歯科でも導入されています。

最先端の日本経済新聞情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

また、もしも虫歯があると薬剤の刺激で痛みが発生する可能性があるのでケアの前には口の中をチェックして治療が必要な箇所があれば治療後に歯肉ホワイトニングを開始します。



薬剤を塗布すると、数日後にその部分がはがれて10日前後できれいなピンク色の歯茎が再生されます。

元々の色素沈着の程度や範囲によっては、1回の施術で黒ずみが残ってしまうケースかあります。

この場合は何回か処置を繰り返すこともあり、表参道の審美歯科では時間をかけたカウンセリングで治療プランや期間について説明をしています。


歯茎ホワイトニングの効果が持続する期間は一般に2年から3年と言われていて、食生活によっては短期間で元に戻るケースもあるので表参道の審美歯科ではケア後のメンテナンスにも重点を置いています。

関連リンク

subpage01

表参道の美容歯科で歯茎のホワイトニング

表参道の美容歯科クリニックでは、歯だけではなく歯茎のホワイトニングも行っています。歯がきれいになっても歯茎の色が黒ずんでいると審美性に欠けてしまいます。...

more
subpage02

表参道の歯科のホワイトニングとPMTC

表参道の歯科では、PMTCと呼ばれる歯医者さんでの専門的なクリーニングを受けることができます。PMTCでは、歯石を器具や超音波を使って落とす他に磨き残しのプラークやその中に潜んでいる大量の細菌の塊を除去します。...

more